モリヤス! 森安君の日記(今更ロボノ感想

モリヤス!

森安がフィギュアを撮影したりするブログです

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森安君の日記(今更ロボノ感想

ここ数日、ロボノをやっておりました細かいネタバレはしないようにしてはおきますが、これからプレイする方、プレイし終わってない方は見ない方がいいかも?
発売から結構経ってますけどね。アニメ放映でやってみようとしている方も居るかもしれないので。


端的に感想を述べると面白かったです。キャラの個性とか設定とかはシュタゲのが好きでしたが、作品としてはロボノのほうが断然好きですね。
そもそもロボットアニメ好きってのが大きく影響しているのでしょうけど。
プレイする前は結構悪い評判ばかり耳にしたり、シュタゲが当たりすぎたみたいな意見もよく見ました。
やはり、カオスヘッドはやらずにシュタゲから来ますたwwwwみたいなお客さんがやはり多いのでしょう。
故に第二のシュタゲを望んで購入した人も多かったかと。
でも、そもそもこれは空想科学アドベンチャーシリーズの第三弾であり、シュタゲとは地続きになっているものの、シュタゲの続編ではなく、シュタゲの次の作品です。
にも関わらずシュタゲを求めるのは、日高くん風に言えばナンセンスです。
むしろ萎えちゃんをあそこまで使いまくるとか、十分シュタゲファンに対するサービスはしてくれましたし、個人的には十分じゃないかなぁとおもいます。
いや、おじさん的には10年後の助手とかまゆしーとか想像しただけでハァハァしてくるんで、出して欲しかったといえば出して欲しかったけど。
主人公は最初こそ好きになれませんでしたが、そもそもシュタゲもカオスヘッドも、見てて面白い主人公でしたが、好感度自体はそんな高くなかったのではないですかね?それぞれベクトルは違いますが、それぞれpgrされるキャラだったじゃないですか。そして終盤での逆転、それがこのシリーズの魅力の一つじゃないですかね。
むしろ個人的に、いきなり人類のためとか、人々のためとか言い出したら冷めてしまったところです。
拓巳もオカリンも、結果的に300人委員会の魔の手から人類を救いはしましたが、やりたいことをやってたら結果的にそうなったに過ぎず、UMISYO氏もまた、そうだったにすぎない。それはそれで美しい作り方だと思います。
それにちょくちょくカオスヘッドの事を盛り込んでくれたのはファンにとって嬉しいサービスでした。
エピローグがなかったのと、ツイぽへの返信によってのルート分岐がいささか面倒だったのがあえて言うなら残念なところでしたね。瑞榎さんを救えなかったのも残念。
欲を言えば猫耳メイドの機能は常駐させて欲しかった・・・・・


ヒロインについてですが、やはり要素として過去作のヒロインと比較すると華がない感は否めませんでしたね。
メインヒロインのアキちゃんはロボットアニメ好きと、元気娘。ロボノのヒロインとしては欠かせないスキルかもしれませんが、早い話が可愛いこですが見てハァハァするタイプの子ではないですよね。もう一人の主人公として見れば問題無いですが、ヒロインとして見れば薄味って感じでした。

淳和ちゃんは空手娘であり、かなりの純粋っ子。彼女に関しては個人的には好きですが、作中においての必然性が感じられない、まるでとって付けられたかのようなヒロインであるかの用に感じられました。あえて言うなら、ドクというキャラにおける付属品ともとれます。
まぁ、主人公は基本観測者視点なので、ロボ部においてハード、ソフト共に詳しくない存在、ある種のツッコミ役と考えられないこともないですが、性格を見るとイマイチそんな機能でもないような。
個人的には好きですけどね。小動物みたいで。

フラウ氏ですが、まぁ、面白いキャラですよね。女版ダルと言いますか、プレイ中も知り合いに「ダルがオカリンと結ばれるために性転換したけど無理だったから種子島まで逃げてきた、と言われても納得できる」って言ったくらいでした。
要素としては、基本的に萌え要素が上記二人よりかなりニッチですよね。ただ、個性的ではあるので、ある意味ヒロインの成功例とも言えるかもしれません。
彼女ルートの最後の一枚絵は結構気に入ってます。

アイリたんはまぁ、萌え要素という観点から言えば一番ヒロインらしいですよね。
謎の少女ですし、物語の鍵ですし、主人公の事お兄ちゃんとか言いますし、くぎゅですしおすし。
あと、個人的には無表情なゲジ姉になじってもらいながら踏まれたい。無理だけど。
ですが、色々フラグ満載の彼女はプレイすればするほど、ヒロインと言うよりは単なる重要キャラとしてしか見られなくなり、個人ルートがイマイチ楽しめませんでした。
あと、彼女のエンディングでゲジ姉が出てきた時に「これ、裏で糸引いてるのあいつじゃね?」って半ば確信しました。

萎えちゃんは、エンドレス萎えちゃんにしばらく捕まってたのでコメントは差し控えたいとおもいます。
あえて言うなら、強い子に会えた・・・・くらいです。


ヒロインではありませんが、瑞榎さんはおじさんの好きなタイプでした。おっぱい。
崖から落ちそうになってる時の一枚絵は、ぐぬぬってなりました。おっぱい。
そんなわけで、彼女の最後に関して非常に残念でしたね。おっぱい。


とまぁ、なんか文句ばっかり言ってますが、凄い楽しかったです。料金分以上には楽しめました。
文句が多いのは自分の悪い癖なので、あまり気にしないでください。
あと、色々とファンディスクで補完して欲しい所もありますし、今後の展開に期待していきたいです。
今後の展開といえば、第4作とかはどうなるんでしょうねぇ。最近はIPS細胞が話題になってますから、そっち方面で攻めてきそうな予感。
というわけで、今回はこんなところです。また次回の更新でお会いしましょう。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://supermoriyas.blog.fc2.com/tb.php/114-83a1d8ca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ひめごとユニオン ~We are in the springtime of life!~ ひめごとユニオン ~We are in the springtime of life!~

ブロとも申請フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。